男性特有の大きな悩みの一つ

男性の他人に言えない性的な悩みの一つに包茎があります。亀頭を包皮が覆ったままの状態にあることを言いますが、子どものときならまだしも、大人になっても包皮が剥けないというのは問題です。見た目の問題ももちろんですが、清潔な状態を保つことができないので炎症を起こしやすく、パートナーにとっても悪い影響を与えかねません。実は日本人の7割近くが仮性包茎である言われますが、これは手で包皮を剥くことができ、勃起したときにも亀頭がきちんと顔を出すので、包茎手術をしなくても何とかなるでしょう。しかし、勃起しても包皮が剥けない真性包茎や亀頭が大き過ぎて包皮が締め付けられるカントン包茎の場合は、包茎手術が必要になります。包茎手術は泌尿器科の専門となりますが、最近は包茎手術を専門にした男性専門のクリニックもたくさんあります。手術自体はそれほど難しくはなく入院する必要もないので、もし包茎で悩んでいるなら手術を考えてみることをおすすめします。

未成年者の包茎手術には親の同意書が必要?

包茎手術を行うクリニック選びでは、できるだけ経験と実績が豊富なところを選ぶと安心です。スタッフが全員男性という専門クリニックも少なくありません。手術にはいくつかの方法がありますが、ドクターがその人にあった方法をすすめてくれることでしょう。不安な場合は最初によく相談することをおすすめします。手術を行うにあたっては、基本的に家族の同意書は必要がありませんが、ただし未成年者の場合は保護者の同意が必要になります。もしものときや、費用の問題もあるので保護者の了承を得るのは当然のことです。しかし両親に包茎の悩みを打ち明けるというのは恥ずかしいかもしれません。手術が必要な状態であるわけですから、本来は恥ずかしく思うことはないのですが、どうしても恥ずかしくて親に相談できない場合は、成人して自分が働いたお金で手術ができるまで待つのも良いでしょう。ただし恋人ができる前に、できれば包茎手術を終えておきたいところです。

まとめ

男性の性的悩みの一つである包茎は、亀頭が包皮に覆われた状態のことを言い、状態によって仮性包茎や真性包茎などに分かれます。真性包茎は亀頭が包皮に完全に覆われた状態であり、見た目が子どものようでかっこ悪いだけでなく、細菌により感染症になりやすいです。そのために包茎手術を行うことがすすめられていますが、包茎手術を専門にしたクリニックもたくさんあります。なお未成年者が手術を受ける場合は、保護者や親権者の同意書が必要になります。