聖書に出てくる割礼とは?

聖書の中で割礼というペニスの亀頭部分にかかる包皮を切除する儀式について書かれてあります。これはイスラエル人であれば生後間もない男の子が必ず受けなければならない神聖な儀式であり、またイスラエル民族である証でもありました。この習慣は現代でも海外のユダヤ人やキリスト教徒の一部で続いています。ただキリスト教徒が行う場合は儀式として行うというよりも、清潔を保つためや将来包茎になることがないようにするために行っており、赤ちゃんのための包茎手術と同じです。日本人から見れば、赤ちゃんの包皮を切ってしまうなんて、非常に残酷な印象を受けることでしょう。子どものときからペニスの皮が剥けているというのも奇妙に見えます。日本はお風呂に一緒に入る文化があるので、もし日本人の子どもが割礼を行えば、いじめられてしまうかもしれません。しかし、将来包茎になるリスクを減らすことができることや、清潔な状態を小さい時から保つことができるという点では意味があります。

割礼は包茎手術の代わり?

日本でも病院によっては割礼を行ってくれます。外国人が多く行くような病院や、キリスト教系の病院で行っていることが多いようです。ただ割礼という宗教的な行為を意味しているわけではありません。赤ちゃんの包茎手術と考えるほうが正しいでしょう。割礼は結果的に包茎手術を行うことと同じなので、その意味では少し可哀そうではあるけれども、まだ何もわからない赤ちゃんのときに行ってしまうというのは、賢い方法なのかもしれません。知識や経験の乏しい病院では行うと、性感帯を切ってしまったり、やり方を間違えてしまうこともあるので注意が必要です。というよりも、赤ちゃんのとき割礼をする必要はありません。大人になってから真性包茎であることがわかった場合には手術が必要になりますが、問題ない状態で成長するかもしれないのです。それなのに包皮を切ってしまうと、日本人としては包皮が極端に短い違和感のあるペニスになってしまうことでしょう。

まとめ

聖書やユダヤ教では生後間もない男の子のペニスの先端の包皮を切除するという儀式について記載されています。これはユダヤ人のしるしでした。現代でもユダヤ教やキリスト教の信者の一部で、割礼が病院で行われています。ただ宗教的意味合いというよりも、清潔のために、将来包茎になるのをさけるために行われることが多いようです。割礼を行うと、子どもでも亀頭が綺麗に剥けるので清潔ではありますが、日本人としては違和感が出てしまうでしょう。