包茎のコンプレックスを解消するために包茎手術を希望している人は多いです。日本人の70%は仮性包茎という現実があり、人知れずに悩んでいる人は少なくありません。下半身のコンプレックスは少しでも早く解決したいところですが、包茎手術は未成年で受けられるのでしょうか。成人前に受けられるのであれば、学生時代に済ませられるので楽と考えている男性は多いはずです。ここでは包茎手術を受けている人の年齢層、未成年で受ける必要性があるケース、怪しいクリニックの特徴などについて説明しています。健全なクリニックを選んで、包茎のコンプレックスを解消してください。

包茎手術を受ける人の年齢層は20歳以上がほとんど

包茎手術は20歳以上にならないと受けられないと考えている人が多いですが、実際は18歳くらいから受けられる男性がいるのが現実です。全体的な年齢層は20代~40代が目立ちますが、未成年だから無理というわけではありません。ただ未成年の場合だとローンやクレジットは利用できないことが多いので、治療費は現金で用意する必要があります。

また未成年の契約においては親権者の同意が必要になるのが普通ですから、自分が包茎であることを親に知られることになります。こうした現実から包茎手術は未成年でも受けられるのですが、実際は20歳以上になって受ける人が多いです。成人になれば自己判断で治療を決断でき、親の同意を得る必要はありません。支払い方法も現金とローンから自由に選ぶことができます。

そのため包茎手術を希望するほとんどの人は20歳以上になってから受けています。20歳未満のころはひたすら我慢する人が多いわけですが、我慢できずに包茎手術を決断する人は皆無ではないです。クリニックの中には親の同意なしで契約できるところもあり、20歳未満でもローンやクレジットの利用ができるケースもあるからです。こうしたケースは極めて稀ですが、対応しているクリニックは存在します。

未成年で受けたい状況があるとすれば真性包茎

未成年の男性は成人男性と比較し、経済的な余裕はないのが普通です。高校を卒業して働いている場合も、勤続1~2年の状態では高額給与は期待できません。まだ経済的に余裕がないという理由で、20代になるまで待っている人は多いです。また包茎手術に恥ずかしさを感じる男性は多く、治療費を用意できてもなかなか踏み切れないという人もいます。

ただ恥ずかしさに関してはまったく気にする必要がありません。包茎手術を頻繁にしているクリニックにとっては、ごく日常的な施術だからです。いろいろな男性の陰茎を見てきていますので、医師は何も思いません。それよりも包茎を放置しておく状態のほうがコンプレックスを引きずることになり、自分にとってデメリットになるでしょう。

包茎手術は金銭的に余裕のある状態になったら、すぐに受けるのがおすすめです。未成年でも受けられるクリニックはありますが、実際に未成年で受ける人はごく一部です。クリニックの医師も20歳以上になってから勧めているケースが目立ちます。ただ重度の真性包茎の状態にあるなら、未成年で受けるのもありです。真性包茎の状態は非常に不衛生で、恥垢が溜まるので陰茎のニオイが強烈になります。

悪質なクリニックに遭遇しないために

20歳以上になればどこのクリニックでも包茎手術を受けられるのですが、それまで我慢できないという男性はいるでしょう。そうした場合は未成年に対応したクリニックを探すことになりますが、悪質クリニックが存在するので注意してください。包茎手術はあくまで自分の意思で決めるものであり、人が決めるものではありません。

一部の悪質クリニックの中には、未成年にローン契約を勧めてくるところがあります。クリニックと言えば安全でクリーンなイメージがあるかもしれませんが、すべてがそうではありません。利益のことしか考えていないクリニックは存在するのです。

結論として未成年でも包茎手術は可能ですが、緊急を要する状況にあるのでなければ急ぐ必要はありません。20歳になってすぐに受ける人は少なくありませんので、待つという選択肢もありでしょう。20歳になって仕事をしている状態なら、ローンやクレジットの利用ができます。未成年の場合だと仕事をしていても、ローン契約はできないことがほとんどです。原則としてローンは20歳以上の人を対象にしており、例えば学生に対応しているローンであっても、18歳や19歳では借入できないことが多いです。

まとめ

包茎手術を受ける人は成人している20歳以上の人が多いです。未成年で受けられないわけではありませんが、推奨していないクリニックが多くありますし、ローンやクレジットも原則として利用できません。また包茎手術の契約において親権者の同意が必要になるなど、包茎手術をすることを家族に知られてしまう問題もあります。真性包茎など緊急を要する状態でなければ、包茎手術を受けるのは20歳になってからで問題ないはずです。20歳になればローン契約ができますし、契約において保護者の同意も必要ありません。自分の意思だけで決定ができ、治療法も自由に選ぶことができます。